緑内障や飛蚊症は目が発するSOS|アイトラブルに注意

医者

飛蚊が見えたら要注意

病院

飛蚊症(ひぶんしょう)は、視界にゴミや虫が動いて見えるのが特徴です。実際にそのようなゴミや虫は飛んでいませんが、患者の目にはそのように映って見えるのです。また、薄い雲が飛んで見える場合も、飛蚊症に該当します。飛蚊症は主に60代以降の人が発症しますが、最近では20代前半の人でも発症します。以前は老化が飛蚊症の主な原因だといわれていました。しかし、現代ではスマートフォンやパソコンなど目を酷使する環境が多くあることから、目の疲れが飛蚊症の原因だといわれています。目は酷使すると老化が早まってしまうため、必要な栄養素が失われてしまいます。そのため、飛蚊症を発症してしまうのです。飛蚊症を発症しないためにも適切な予防方法を把握し、すでに飛蚊症の疑いがある人は早急に眼科で受診しましょう。

目には硝子体(しょうしたい)といってゼリー状のゲル組織があります。この硝子体が劣化するとゲル組織が変質してしまいます。これらが原因で視界に黒い虫などが飛んでいるように見えるのです。そのため、飛蚊症を予防するにはこの硝子体を健康的に保つ必要があります。硝子体は水分とコラーゲン、ヒアルロン酸で生成されています。老化と共にコラーゲンやヒアルロン酸は減少していくので、失わないようにケアして上げる必要があります。コラーゲンやヒアルロン酸を含むサプリメントや、アントシアニンを多く持つブルーベリーなどを摂取すると硝子体を健康的に保つことができます。また、ビタミンや捨印を摂取すると、疲れ目を改善することができるので、飛蚊症以外にも効果があります。すでに飛蚊症を発症している人も、栄養をしっかりと摂取して改善に努めましょう。

Copyright© 2015 緑内障や飛蚊症は目が発するSOS|アイトラブルに注意All Rights Reserved.