緑内障や飛蚊症は目が発するSOS|アイトラブルに注意

医者

飛蚊症になる原因

眼

視線を変えても黒い虫やゴミがいつまでも視界に映るという人は、「飛蚊症(ひぶんしょう)」の疑いがあります。飛蚊症は黒い点や線が浮遊している様が視界に入る症状です。人によって飛蚊症の見え方は異なり、中には白い線や点が見える場合もあります。常に視界にゴミや虫が飛んでいるように見えるため、集中力が削がれたり、ストレスになったりと日常生活にさまざまな問題を引き起こします。飛蚊症の疑いがある人は、早急にクリニックで改善しましょう。とはいえ、眼科などのクリニックでは飛蚊症の適切な治療方法はありません。飛蚊症を起こす原因は主に老化やストレスなので、体と心のケアをしてあげることが大切です。また、飛蚊症を改善した多くの人が、ルテインという栄養素を多く摂取していたことから、飛蚊症にはルテインが適しているといえます。眼科で検査を受け、適切な改善方法を尋ねることが大切です。

飛蚊症は活性酸素が原因として挙げられます。活性酸素は体にさまざまな疾患や症状、トラブルなどを引き起こす有害物質です。これらが体の中で多く作られると飛蚊症を引き起こす可能性があります。また、活性酸素は紫外線や栄養バランスの乱れ、飲酒や喫煙などが原因で多く分泌されてしまいます。特に紫外線は飛蚊症の原因として真っ先に取り上げられるので、注意しましょう。また、パソコンやスマートフォンなどの液晶画面を長時間覗くと、目を酷使してしまい、疲れやストレスを感じてしまいます。その上、タバコやお酒を多く摂取すると、より飛蚊症を発症しやすくなってしまうので注意が必要です。活性酸素が分泌されないためにもストレスを溜めないように心掛け、バランスの良い食事を摂取しましょう。活性酸素を抑える抗酸化作用のサプリメントを摂取すると飛蚊症の改善がはやくなります。

Copyright© 2015 緑内障や飛蚊症は目が発するSOS|アイトラブルに注意All Rights Reserved.