緑内障や飛蚊症は目が発するSOS|アイトラブルに注意

女性

飛蚊が見えたら要注意

病院

実際にいない虫が飛んでいるように見える人は飛蚊症の疑いがあります。飛蚊症は今若い人の間で急増しています。飛蚊症はコラーゲンやヒアルロン酸、アントシアニンを摂取することが改善の近道です。

この記事を読む

関連サイトを見る

  • 目に効く漢方薬

    大阪で黄斑変性症の治療を行なうなら、治療実績を豊富に持つドクターを訪ねましょう。眼の健康をしっかり守ってくれますよ。

視界が狭くなる

看護師

緑内障を発症してしまうと次第に視界や視野が狭くなってしまいます。また、緑内障治療を受けても、失われた視界を取り戻すことはできません。進行を遅らせることが大切なので、検査をきちんと受けましょう。

この記事を読む

飛蚊症になる原因

眼

飛蚊症は適切な治療方法がありません。ストレスや喫煙、お酒や目の酷使などが原因で発生することもあるので、飛蚊症を改善するには生活習慣の見直しが大切です。また、ルテインや抗酸化作用のサプリメントを摂取すると適切です。

この記事を読む

視界が変だと思ったら

先生

失明するリスクが高いことでも知られている緑内障は、視界や視野が徐々に失われていく目のトラブルです。初期症状ではほとんどの人が自覚を持たないといわれていますが、後期になると日常生活に支障をきたすほど、視野や視界に黒いモヤのようなものが掛かります。また、それらの症状は治療で元に戻すことができないといわれています。そのため、治療では進行を食い止める予防治療を行ないます。緑内障は悪化してしまうと失明してしまうので、早期発見を心掛け、治療を受けましょう。緑内障の治療には投薬や手術による西洋医学と、鍼灸や漢方で体の治癒力を高める東洋医学、さらに、生活習慣を改善する治療方法があります。妊娠中の人や、高齢化に伴い薬や手術が受けられない人は東洋医学で治療をしましょう。また、緑内障は気づかないうちに進行する症状なので、定期的に目の検査を受けると早期発見に繋がります。

視界に黒い虫やゴミが浮いているように見える人は、飛蚊症の疑いがあるため検査を受けましょう。飛蚊症は目の酷使やストレスなどが原因で発症します。放置していると稀に改善することもありますが、ほとんどの場合が悪化したり、緑内障などの他のトラブルを併発したりするので注意しましょう。また、飛蚊症も緑内障同様、治療で改善することができません。自分で生活習慣を改め、目に良い栄養素を摂取することが大切です。ルテインやアントシアニンなど目に良い栄養素を摂取しましょう。また、ヒアルロン酸やコラーゲンで生成されている硝子体の変質が飛蚊症の原因なので、ヒアルロン酸やコラーゲンを積極的に摂取して、健康的な硝子体を維持することも大切です。目のトラブルは主に老化が原因でしたが、最近ではパソコンやスマートフォンの普及により若い人の間でも多く発症しています。目を酷使しすぎないように注意しましょう。

Copyright© 2015 緑内障や飛蚊症は目が発するSOS|アイトラブルに注意All Rights Reserved.